金融事故を起こすと金融機関は利用できなくなる

Posted by in BO・FX

ブラックリストに登録されてしまうと、原則としては確かに金融機関からの借金が難しくなる。そもそもブラックリストというものは存在しておらず、信用情報機関という場所にどのような金融事故を起こしたのかがデータとして残ることになる。

それを見て金融機関などは「一度金融事故を起こしたなら警戒しなければ」ということで、故意に借金をさせないように動くわけだ。しかし、実際にブラックになったからといって、必ず融資ができないのかというとそういうわけではない。
現実にブラックでも融資OKの業者というのは存在していて、それが救世主となってくれることもある。

審査の甘い金融会社紹介が便利

もしブラックになってしまったということなら、審査の甘い金融会社紹介を見てお金を貸してくれそうな金融機関を見つけていくのが良いだろう。法律で禁じられているということではないため、探せば貸してくれるところもある。
信用情報機関に登録されると、確かに大手金融機関では貸してくれないことも多くなるだろう。しかし、中小金融機関の中には貸してくれるところも多い。それらの金融機関なら審査も甘いことが多いため、ダメもとで相談してみるのもありだろう。
もしかしたら金融事故を起こしていたって分け隔てなく貸してくれるかもしれない。

ブラックでも融資は受けられる

金融機関にとってブラックな人には、正直お金を貸したくないのが正直な気持ちだ。なぜならお金を貸したのに踏み倒されてしまっては元も子もないからである。しかし、信用情報機関に登録されたとしても、実は融資を受けること自体が禁止されるわけではない。
あくまでも「この人はこういう金融事故を起こしていますよ」という情報が残るだけだ。そもそもそれらの信用情報に関しても半永久的に残るということはなく、いずれは信用情報も自然と回復できるようになっているわけだ。
ブラックだから融資をしてはならないという法律はないため、安心して相談してみよう。

即日融資してくれるところもある

金融機関によっては即日融資をしてくれるところもあるかもしれない。本当にお金に困窮していてどうしようもないというときには、悩む前に片っ端から相談してみるのも良いかもしれない。もしかしたら貸してくれるところも見つかるかもしれない。
なお、冠婚葬祭などではお金が否が応でも必要となることもある。そういう場合に「ブラックだから貸せません」と言われてしまうのは、あまりにも酷な話だ。日本はそこまで厳しい社会ではないため、どこかにお金を貸してくれるところが必ずあるはず。
諦めずにブラックでも貸してくれる金融機関をブラック即日融資で見つけて、上手に計画しながら使おう。